1冊の本を読んでタイナイトに興味津々になったカポン

タイに出発するまさに前夜。

何気なく入った大阪の書店で手にしたこの本、、、

 

ぶちゃけ、

「仕事関係の知人のY本さんと話を合わせるために、タイ風俗をちょっと勉強しておかないと、、、、」

って理由で買ったような記憶が(^^ゞ

 

この時のタイへの興味の無さがわかりますね(^^ゞ

マカオ風俗を体験して、、、きれいだったけど、やっぱりするだけってのは味気ないし楽しくないな〜

と淡白なボクは感じてたのもあって、どうしてもタイにも興味を持てなかったのです。

 

そんなタイに出発する翌日は朝6時ころにはホテルを出て関空に向かいます。

「寝坊して飛行機に乗り遅れたら大変だな」

 

と思いつつ、夜の大阪をフラフラしててホテルに帰ったのは23時頃(笑) 

シャワーを浴びて、寝る前に、、、、とりあえずタイナイトを予習をしようとベッドに寝転んだまま、

『タイランド 夜遊び MAXバンコク編』を取り出してパラパラ・・・・。

 

そこには、知らないのに勝手にイメージしていたサル顔のタイガールとは違った、なんか自然な笑顔の女のコたちが!

見返してみると、そんなにかわいいコはうつってなかったですが、想像してたイメージが悪すぎたんでしょうね(笑)

 

「な、なんだ、これは!」

 

と思いつつパラパラ。。。

楽しそうな風俗がた〜くさん載ってました。

「ゴーゴーバーってなんだ?」

「エロ按摩って??」

「MP(マッサージパーラー)の金魚鉢???」

「出会い系カフェ・テーメーカフェってなんだ〜????」

 

なんか唐突に、

タイってむちゃくちゃ楽しそう

と思ってしまったのです。

 

さらに、、、、

風俗だけど、一緒に食事に行ったり、ディスコ行ったり、お昼の遊びにも付き合ってくれるコもいる、、、、

なんて部分にも惹かれたんですね。

 

タイにも風俗にも興味がなかったはずが、夢中になってこの本を読んでましたwww

読めば読むほど、タイのナイトに興味がわいてきて、、、

早く寝るはずが目がぱっちり!

気がつくと3時を回ってました(^^ゞ

こうなると寝ちゃうと起きれなくなる可能性大・・・・なので、そのまま4時までさらに予習(笑)

この前日まで、タイナイトについての知識はほぼゼロだった私は、たった数時間でタイの風俗知識満載(ただし付け焼刃)になっていたのでした。

 

もちろん知識だけの頭でっかち状態ですが^^;

そんな状態でカポンは関空からバンコクへと旅立ったのでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました