出会いカフェ 体験1

ホテルの地下にある出会い系カフェ「テーメーカフェ」

ドリンク購入してイスに座ろうと思っけど、席がびっしり埋まってます。

私のバイブル「タイ夜遊びMAX」には、白人が多いって書かれてたけど、実際はオール日本人。

たぶんですけどね。だって、男性のことはよく見てなかったですから(笑)

 

女の子もたーくさん。ドリンクを持って、女のコの前をまずは2周ほどして様子見。

前を通ると、ニコッとして手を振ってくれるコもいれば、お友達とのオシャベリに夢中でこっちをまったく見ないコもいます。

この自由な感じ、、、、好きですね!

 

ランク的には、、、Bクラスって感じのコが多かったけど、

中には、、、、

「おっ!」

って思うようなカワイイコも混じっています。

 

そんなコを見つけたらすぐに声をかけてみたらいいんだけど、カポンは優柔不断なA型ですから、そうそう選べないんですね(苦笑)

K山クンと1周、2周しては、
「あのコがよかったのに、居なくなってた〜。声かけとけばよかった〜」
って何度グチッたことか〜。全て、自業自得なんですがwww
しばらくして、カウンター席が空いたので座って飲んでたら、
迫力満点なゴリラ顔のオバサンが日本語で声をかけてきました。
このオバサンの正体がわからず、難癖つけられるんじゃないかとビクビク(^^ゞ
何話したのか覚えてないけど、途中からはけっこう楽しく話してたような記憶が。。。
はっきり覚えてるのは、
「見てばかりじゃなくて早く声をかけなよ! なんなら私はどうだい?」って言いながらニヤって笑った顔
オバサンも現役のガールだったんですね(^^ゞ
速攻で、「ごめーん」と言いながら席を離れました。
実は一人、気になってるコがいたんです。
裏口からトイレに行った時(トイレ代が10バーツとか必要だったです)、
偶然のタイミングで一緒に階段を降りてきたコ。
チラチラ横目で見たら、色白でなかなかのべっぴんさん。
少しして、もう1周してみたらこのコが立ってたので、、、、
勇気を出して声をかけました。
ちなみに朝までのロングはダメで、ショートのみOKでした。
ドキドキしたけど、需要と供給がはっきりしている空間なので、
声さえかければ話は早いですよね。
1時間以上かけてお相手が決まったところでH崎さんと合流。。。。
長くなったので、続きは次回に
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました